子育て

赤ちゃん&幼児と大人の口腔ケア

こんにちは~♪ふくままです。

今日は上の子が通っている園で、歯科衛生士さんの説明会があったので参加してきました!みなさん、赤ちゃんの歯磨きどうしています?たくさん話を聞いてきたので、まとめて紹介したいと思います!

スポンサーリンク

虫歯とは

虫歯ができる原因ってなんだと思います?

  1. 歯があること
  2. 虫歯菌…親から感染ることが多い。遺伝性もあるらしい。
  3. 糖…食べ物から摂取。

この3つがあることによって虫歯が出来るそうです。

歯磨きで用意するもの

どんな歯ブラシを選べばいいの?

赤ちゃん(歯が上下合わせて8本くらい生えてきたら)

綿棒のみ

歯科衛生士さんいわく、赤ちゃんは歯が柔らかいのでブラシよりも柔らかい綿棒の方がいいそうです。

赤ちゃん以外の幼児から大人まで

  • 歯ブラシの先から歯ブラシの柄までがまっすぐなもの
  • 歯ブラシのブラシ部分がスパッとまっすぐにカットしているもの※のこぎりカットのものはNG
  • 毛の先がラウンド毛になっているもの※先細毛などはNG
  • ヘッドがコンパクトなもの

至ってシンプルに見える歯ブラシですが、それが1番だそうです!

歯磨き粉はどんな物がいいの?

赤ちゃん(歯が上下合わせて8本くらい生えてきたら)

  • キシリトールの粉末

幼児

  • キシリトール配合のジェルタイプ(透明のものをなるべく選ぶ)←白かったりするものは、研磨剤などが入っていて、歯が削れてしまう原因になる。
  • フッ素配合のもの(フッ素500ppmはうがいの出来ない子供むけでそれ以上はうがいが出来る子供むけだそう)

大人

  • ざらざらやつぶつぶの入ってないもの
なんでざらざらつぶつぶがダメなの?

つぶつぶ入っていると気持ちいいし、ツルツルになってるようでいいですよね?でも、つぶつぶが歯茎の間に入って炎症するケースが多く、歯に傷をつけてしまい、そこから虫歯菌が入ってくることがあるそうです!

だから至ってシンプルなものを選ぶほうがいいそうですよ!

歯磨きの仕方

歯磨きは、ゴシゴシゴシ!!と磨いてませんか?今日教えていただいたやり方は全然違いました!

赤ちゃん(歯が上下合わせて8本生えていたら歯磨き必須)

綿棒でくりくり~と撫でるように優しくみがいであげましょう。赤ちゃんは歯が柔らかいのでブラシで磨くと薄くなってしまうそうです。怖い~~~!

更にキシリトール100%の粉末をつけると更にいいそうです。なかなか販売していないのが難点ですよね。私は歯科衛生士さんのクリニックから購入しました。歯医者さんなどで聞いてみるといいそうですよ!

幼児~大人

  • 歯の1つ1つを歯ブラシでグリ~っと円を書くようにゆっくり磨きます。歯茎も一緒に!
  • 歯の裏もゆっくりグリ~っと掻き出すように磨く。この時、絶対にゆっくりすれば、唾液の飛沫が飛ばないそうです!歯垢付きの唾液が目に入ると結膜炎になる恐れがあるので気をつけましょう!とのことでした。
  • 重要なのは何分磨いたかではなくて、どれだけ1つ1つの歯の汚れが取れたか、ということ!なん往復もゴシゴシしなくても1本の歯を丁寧に1回磨けば相当キレイになるそうです。更に、歯間フロスする暇がない!というママさん!この磨き方だと少なくとも、歯ブラシの1~2本の毛が歯の間に入ってくれるので、割とキレイになるそうですよ!
  • 子供の歯を磨くときは仰向けにして寝かせて磨くよりも出来るなら座って向かい合わせになり、お口を開けてもらって磨くほうが断然よく磨けるそうですよ~!

※この際、歯ブラシはヘッドの小さめのものをおすすめされていました。早速買いに行きましたよ、私(笑)

つるつるになるそうです!!!しかも綺麗に取れればつるつるは最長3日間続く人もいるとか!!磨きからマスターしたい♪

キシリトールで虫歯予防

日本は世界に比べて歯磨きを1番する国だそうです。じゃあ、日本が1番虫歯が少ないと思いませんか?違うんです!日本って歯磨きを良くする国なのに、虫歯になる人がとっても多いんです!

なぜか。それは虫歯菌を減らそうとしていないから。

虫歯は虫歯菌を減らせば歯磨きがたとえできなくても虫歯になるリスクをグン!と減らせるそうです!

フィンランドではお水が大切だから、歯磨きにジャバジャバ使えなそうです。そのかわり食事の後に、キシリトールのタブレットやガムを3分間噛むそうですよ!だから日本より歯磨きしていないのに虫歯の人がとっても少ないそうです。

キシリトールって何???

主にフィンランドで生産。シラカバやカシの木から取れる樹脂から出来ている天然の甘味料です。シラカバの木はた~くさん樹脂を貯め込むそうで、それを定期的に抜き取って加工してキシトールを作っているそうですよ!

最近では佐々木希さんとアンジャッシュの渡部健さんご夫婦がCMされていますよね~。

キシリトールは唾液の分泌を促し、お口の中を中和させ、唾液が出ることにより、歯の再石灰化を活発にしてくれるそうです。そして、お口の中の虫歯菌を減らし、虫歯をできにくくするそうです。

だから、衛生士さんがおっしゃるには、朝ご飯食べたあとに歯磨きをさせてくれない&させる余裕がない場合は、市販品のキシリトールタブレットを活用するといいそうです!玄関においておいて、幼稚園や保育園に行く前にポンッとお口に入れてやり、お口の中で溶かして食べてね~といつて舐めさせるだけでも口の中の虫歯菌を減らせるので歯磨きできなくても虫歯予防になるそうですよ。

早速近所のドラッグストアでこちら購入。

こちら歯科衛生士さんがおすすめしてくれていた、甘味料キシリトール100%タブレット!!近所のドラッグストアで約200円位でした。

明日から甘いもの食べたあとや、お出かけの際に、お口の中が気になるときに舐めさせよう♪しまじろうだし喜びそう♪

実は大事!口蓋の刺激!

あ~んとお口を開けた上の部分、口蓋と言いますが、そこって脳とつながってるそうです。だから、そこを刺激すると脳が刺激され、脳の活性化に期待が出来るそうです!もしかしたら、賢くなれるかもしれないですね~と歯科衛生士さんがおっしゃってました!

全然知らなかった!!!私も子どもたちの口蓋を優しくマッサージしてあげなくちゃ~~~!!!

フッ素は歯を強くする

フッ素ってなに?

「虫歯予防にはフッ素が良い」と1度は聞いたことがあるんではないでしょうか。ではなんで良いのか、歯科衛生士さんに伺ったので紹介します。

フッ素とは自然の中に存在する物質です。なので、特別なにかから出来ているわけではなく、海水、土、私達の飲む水や食べ物、魚にも含まれている天然の元素です。

  • 歯垢の中に存在する細菌に対する抗菌作用し虫歯になりにくくする
  • 歯の耐酸性を向上させ、再石灰化を促進
  • 歯や骨の強化
  • 歯のエナメル質を安定させる作用

などさまざまな効果をもたらしてくれます。

歯磨き後に、フッ素入りのジェルなどをぬると虫歯予防も強化されます!

フッ素って身体に悪いって聞いたことあるけど…?

これも歯科衛生士さんに伺いました。

大量に摂取してしまった際に、下痢や嘔吐呼吸困難など、中毒症状が出る場合もあるそうです。フッ素の摂取危険量は体重1kgあたり75mgだそうなので、市販品のフッ素などはここまでたくさん入ってないので、もし1本分飲んでしまっても、身体に危険が及ぶほどのことはほぼ無いそうです。

「子供がフッ素のチューブを大量に飲んでしまった際に、歯に白い転々ができた」という例があったが、特に身体にひどい影響は起きなかったそうです。もちろんそんなにチューブを全部飲んでしまう、ということはほとんど無いと思います。あまり気にしなくても良いですよ。

とのことでした!

フッ素にはメリットの方が多いので、どんどん使用して虫歯予防しよう!!!

まとめ

歯磨きの仕方やキシリトールのこと、フッ素のこともぼんやりしか知らなかったけど、とってもお勉強になりました。

親がどれだけ気をつけて、そしてケアしていくかで、子供の歯の健康が変わる。そして、虫歯はほぼ9割、親から感染るそうです。私達親が、きちんとケア、が第1の虫歯予防ですね!

キシリトールもフッ素も、歯のためにとっても大切でメリットが多かった!歯科衛生士さんは、フッ素はネットでは色々囁かれているけど、デメリットより、メリッろの方が多いから必ず子供の歯磨きに取り入れてほしいですって、おっしゃっていました。

みなさんも、保磨きの仕方など見直して、家族みんな虫歯ゼロの健康な歯を手に入れましょう♪

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
fukunosukerinko0707
男の子と女の子の2児のママ。元美容師でアイリスト。現在は育休中。 美容、育児、食、趣味について色々書き込んでます♪ 旦那さんは起業家でお互い夢をめざして日々奮闘中~。
スポンサーリンク