子育て

一家に1冊置いておきたい、本当に最強だと思う福島美智子さんの「最強の子育て」

こんにちは、ふくままです!

今回は最近育児本をたくさん読んだ中で、私が読みやすく、読んだことで実際に育児に対する考えや、「へぇ~~~!!!なるほど!!!」と思い、子どもたちに対する言動や行動を変えることができた1冊を紹介します!

スポンサーリンク

最強の子育て 福島美智子

出産し、育児本を色々と読むようになり、ここ最近の本の中で「なるほど感」が1番強く、忙しいママでもサラサラと読める本が福島美智子さんの「最強の子育て」でした。

この本の何がいいって、とにかく読みやすくて、理解しやすくて、実行にも移しやすいんです!とにかく魅力的な1冊です。

タイトルにもあるように、勉強が好きになる、IQも学力も生き抜く力もぐんぐん伸びる!という言葉にも惹かれました。

子供の一生は、12歳までの習慣で決まる

この本の良さは、年齢別に構成されていて、まさに今!というのが分かりやすく、実行に移しやすいんです。

この12の習慣も、12個なのがまたいい。多すぎないし、簡単だし誰にでもできるから、すぐに実行に移しやすいですよね。

私は4歳の息子にこの12の習慣は即実行しました。現在幼稚園に通っている息子ですが、今までは慎重派で、遊ぶときも先生がいないとだめだったんですが、今では「かなり活発で、お友達とも積極的に遊ぶようになり、工作や絵がものすごく上手です!私達相手にしてくれなくて、寂しいです~(笑)」と先生方に言われるほどに!

主人も読んでいっしょに実行しています。

一家に1冊あればいつでも読み返せる

私はもう何回読んだでしょうか。イライラしてしまったり、育児の最中に行き詰まったり、更に子供の成長を感じた時にもう一度、サイド読み返しては、「うんうん、そうだった!こうすればいいかも!」と、納得や、ひらめきや、後押しをさせてくれる本でもあります。

  • 0~6歳…五感を豊かに育む
  • 6~8歳…身体を使って体感する
  • 9~10歳…あれこれと試行錯誤する
  • 11~12歳…培ってきたものを分類整理する

※参照 最強の子育て

この4つに分類されたカテゴリからページも構成されており、目次もとても見やすく、すぐに目的のページが開けます。

 

こちら、一部です。ほら、ものすごく見やすいでしょ。

私がこの本に出会い、子供のために毎日実行していること

  • 失敗しても叱らない
  • 苦手なことも「あなたならできる!」と挑戦させる
  • はじめてのことや、苦手なことは「いっしょにやってみようか!」と、手出ししすぎない程度にいっしょにする
  • 紙、セロテープ、クレヨンやクーピー、はさみ、ホッチキスなど、すぐに取り出せる時に置いておく
  • 本への投資は惜しまない
  • 子供の話すことを興味を持って、時間を作り聞いてあげる

まだまだいろいろありますが、この本に出会い、この6つには特に毎日心がけています。簡単そうでもなかなか難しいんですよね~。

子供の反応も変わってくるし、とにかく実行してて、子供の才能の可能性が広がるのが、目に見えてわかって面白いし嬉しいです。

おすすめの図書一覧も

本の最後には、年齢別のおすすめ図書一覧も掲載されており、子供に購入してみたり、図書館で借りたりしています。とにかく参考になることばかりですよ!

 

 

ABOUT ME
ふくママ
男の子と女の子の2児のママ。元美容師でアイリスト。現在は育休中。 スキンケアアドバイザーの資格を持つ、敏感肌のふくままが徹底的に美容について追求し書き込んでいきます♪
スポンサーリンク